よくわかる!初めてのキッチンリフォーム

トップ > キッチンのリフォーム情報 > イメージを固めてからキッチンのリフォームを依頼する

イメージを固めてからキッチンのリフォームを依頼する

 どんなキッチンにしたいのかリフォームをする前にある程度形を決めなくてはなりません。
単純にキッチンをきれいにしたいと考えている人の場合は、何も考えずに業者に連絡をしてしまう場合がありますが、レイアウトなど何も考えない状態で連絡をしてしまうと、最初から相談をしなくてはならないですし、相談をしている状況の中で自分のイメージを作っていかなくてはならないので、実際に完成してみると使いにくいと感じてしまう場合もあります。
これでは高額な費用を払ってリフォームをした意味がありません。
イメージを作ってからリフォーム業者に連絡をすることによって、すぐに伝えることができますし、相談などもすぐに終わるので、比較的早く工事に取り掛かってもらえます。
簡単なレイアウトでも良いので書いてみると良いでしょう。

 レイアウトなどある程度決めたら、自分が依頼をしたいと考えている業者に見積もりの相談をしてみましょう。
どれくらいの費用で工事をしてもらえるのかはっきりと分かります。
ここで注意をしなくてはならない部分があります。
すぐに工事を依頼してしまう人もいますが、いくつかの業者に自分が考えたレイアウトを伝えて、見積もりを出してもらうと良いでしょう。
もちろん1番お金がかからない場所に依頼をすることができる方法にもなりますが、自分が依頼をしたいと考えている業者に値引き交渉をすることができる方法にもなります。
1つの業者だけに見積もりを依頼してしまうと、その見積もり価格が高いのか安いのか判断をすることができません。
そのため値引き交渉をするのも難しくなってしまいます。
いくつかの業者の見積もり価格を把握することによって、値引き交渉が非常に簡単になります。

 自分がキッチンのリフォームの工事を依頼したいと考えている業者に、他の業者ではこれくらいの価格で行ってくれると伝えてみると良いでしょう。
どこのリフォーム業者もなるべく他の会社にお客さんを取られないように工夫をしているので、他の業者の見積もり価格よりも安く設定してくれる傾向があります。
もちろん最初からギリギリの価格の場合は、値引きの交渉を行っても応じてもらえないケースがほとんどですが、多くの業者が値引き交渉に応じてくれます。
値引き交渉に応じてくれても、一部工事の部分を妥協してほしいと伝えてくる場合もあります。
この場合はどこかを妥協しなくてはならないので、優先順位までしっかりと考えておく必要があります。
自分が絶対に譲ることができない条件をしっかりと考えておけば、値引き交渉がさらに楽になるはずです。

次の記事へ

カテゴリー