短期間でもTOEICで高得点を取ることができます

短期間でもTOEICの試験で高得点を取ることができます。ですから仕事をしている方や、大学生の方でも高得点を取ることができます。そのためにもまず点数を簡単に稼ぐことができるリスニングセッションの問題を完璧にこなすためにも、リスニングの練習を行うようにしましょう。リスニングの練習ではインターネットの動画サイトなどを利用するようにしましょう。そして理解できない箇所は、繰り返し聞くようにしましょう。そうすることでどんどん英語を聞き取ることができるようになりますし、単語力も鍛えることができるようになります。またリスニングの練習を行いながら、英単語も覚えるようにしましょう。しかし闇雲に英単語を覚えるのではなく、頻出している英単語を中心に暗記する作業を行うようにしましょう。そうすれば英文をスムーズに読むことができるようになります。

少しずつ勉強してTOEICを受けましょう。

TOEICはグローバルに活躍する社会人の方や、留学をしたいと考えている方、自分の英語のレベルを知りたい方は受けると良いテストです。TOEICができると自信につながりますので、受けてみましょう。TOEICは対策が必要です。試験はマークシート方式ですが、リスニングテストもありますので、十分に勉強をしていないと、聴き取ることができず、高得点をとることができません。リスニングテストで高得点を取りたい場合は毎日英語を聴くようにしましょう。英語のニュースを聴き流すだけでも耳が慣れていきます。文法は全部マスターするようにしましょう。文法ができないことには問題が解けませんので、少しずつ勉強してできるようにしていきましょう。読解の文もでますので、長文に慣れておきましょう。長文は、読むだけでも時間がかかります。速読できるようにしておきましょう。

TOEICの勉強では400時間以上勉強

学生時代と言えば勉強が仕事と言われます。受験勉強の時なら1日10時間ぐらい勉強するのはあったかもしれません。1年間で300日勉強したとして3千時間も勉強できました。しかし社会人になるとそれほど簡単に勉強時間を取ることはできません。1日に1時間程度とれるかどうかのこともあります。そうなると1年間毎日続けたとしても365時間しか勉強することができません。TOEICで標準的とされる600点のスコアを取ろうとするときにどれくらいの勉強時間が必要かが言われます。英文科などの英語の特別な勉強をしていない人が学生時代の勉強から離れた状態で行う時、400時間から600時間は必要とされています。1日1時間を1年間続けたとしても足りません。1日2時間勉強できる環境を作れば1年ぐらいあれば何とかとることができるかもしれません。